取扱業務・顧問契約

はるのひ法律事務所は、個人や中小企業のみなさまの抱える法的トラブルに幅広く対応いたします。

一般的なご相談例を紹介いたしますので、相談いただくことを検討される際にお役立てください。

また、日常的にご相談を受け、将来の紛争を未然に防ぐために、ホームロイヤー契約(個人の方)、顧問契約(企業の方)をおすすめしています。ぜひご活用ください。

《取り扱い分野》 遺産相続・成年後見・離婚など家族間/生活支援の問題、賃貸借、交通事故、企業法務、債務整理・破産事件、労働(使用者側、労働者側)、刑事事件など

遺産相続

 弁護士は、すべての法律業務を行うことができます。

 相続は、複雑な法律問題がからむことが多く、また、交渉や裁判が必要になる場合が多くあります。弁護士は、相続に関係する法律問題を全体的に考慮し、かつ、一貫して業務を遂行することができます。

 また、当事務所では、適宜、提携する税理士や司法書士と連携してご対応させていただきます。

 安心して相続問題にご対応いただくためにも、ぜひ当事務所にご相談ください。

(相談例)

  • 遺産分割でもめてしまった。
  • 遺言書を残す際の注意点を教えてほしい。
  • 家族以外の人にも財産を残したい。
  • 父の身の回りの世話は全部自分がやったのに、兄弟と相続分が同じなのは納得がいかない。
  • 父の生前に兄はたくさんの贈与を受けていたのに、相続分が同じなのは納得がいかない。
  • 父が遺言書を残していたが、遺言書が書ける状態ではなかったはず。
  • 夫が、全財産を第三者に遺贈するとの遺言書を書いており、今後の生活費が不安。
  • 遺産分割をしたいが、相続人の一人と音信不通なのだがどうすればよいか。
  • 父がなくなったが、多額の借金がある。

老後のトータルな法的サポート

 ご自身やご親族が、例えば、認知症や体が不自由になった場合の身の回りの財産管理、施設への入所、亡くなった際の相続、葬儀などに不安をもたれている方もいらっしゃると思います。

 そのようなときのために、ご生存中の財産管理(財産管理委任契約、任意後見契約)、遺産の処理(遺言書の作成)、お亡くなりになった後の葬儀等の手続き(死後事務委任契約)を弁護士に依頼し、備えていただくことができます。

 安心して老後を過ごすためにも、ぜひご相談ください。

(相談例)

  • 身寄りがおらず、将来、認知症になったときが不安。
  • 親族に迷惑をかけないためにも、終活をしておきたい。

離婚問題・夫婦関係

 離婚問題は、時間が経てば経つほど、法律関係が複雑化し、また、証拠が散逸し、請求できたお金も請求できなくなり、不利になる場合が多くあります。

 ぜひ、早めに弁護士へご相談ください。

(相談例)

  • 離婚したいが、相手が同意しない。
  • 夫の不倫相手に慰謝料請求したい。
  • 財産分与の基準を教えてほしい。
  • 子どもの親権を確保したい。
  • 現在別居中だが、相手に生活費を請求したい。
  • 協議離婚の合意書に、どのようなことを書いておけばよいか。
  • 離婚した後、妻が子どもに会わせてくれない。

企業法務

当事務所の弁護士は、長年の企業経営経験がありますので、経営者の立場に立って、適正な対応ができます。

(相談例)

  • 契約書のチェックをしてほしい。
  • 就業規則を作る際の注意点は。
  • 問題社員の対処法を教えてほしい。
  • 辞めてもらった元社員から損害賠償請求を受けている。
  • 株主総会の進め方について教えてほしい。
  • 取引先が破産しそうだが、売掛金を回収したい。
  • 家族経営の会社を子どもに引き継ぎたい。
  • 消費者からクレームを受けている。
  • 社員が事故を起こしてしまった。

不動産関連(賃貸借を含む)

 当事務所の弁護士は、宅地建物取引士の資格を有しており、実務経験も豊富ですので、実務に即した適切なご対応ができます。

(相談例)

  • 共有の土地建物を分割したい。
  • 不動産の売買契約を解除したい。
  • 不動産の売主が登記を移してくれない。
  • 借主が家賃を払ってくれない。
  • 借主が物件から出て行ってくれない。
  • 大家から賃料の引き上げを一方的に宣言された。
  • 土地の境界について隣人ともめている。

借金問題

当事務所の弁護士は、多くの破産申立を行い、また、破産管財人の経験が豊富にありますので、それらの経験から適切なご対応ができます。

(相談例)

  • サラ金業者からの取り立てがつらい。
  • 突然裁判所から支払督促状が送られてきたがどう対処すればよいのかわからない。
  • 失業して奨学金が返せない。
  • 破産をするとどのような不利益があるのか知りたい。
  • 借金を何とかしたいが、自宅や車は手放したくない。
  • 親の借金の返済を迫られているが、返さないといけないのか。
  • 友人が大昔に貸した金を返してほしいと言ってきているが返さないといけないのか。
  • 自己破産、個人再生、任意整理の違いについて教えてほしい。

労働問題

(相談例)

  • ブラック企業に入社してしまった。
  • いきなり解雇され、翌日から出勤できなくなった。
  • 不当な雇止めにあった。
  • 退職を強要される。
  • 整理解雇されたが納得いかない。
  • 試用期間中だから自由に解雇できると言われた。
  • 賃金が支払われない。
  • 残業代が支払われない。
  • 有給休暇が取得できない。
  • 上司からセクハラ・パワハラを受けている。
  • 派遣先でいじめにあっている。

金銭問題

(相談例)

  • 友人にお金を貸したが返ってこない。
  • お金を貸すとき、公正証書を作ると良いと聞いたが、メリットを教えてほしい。
  • 妻が勝手に私の実印を使って借金したがどうすれば良いか。
  • お金を払ったのに、相手がいつまでたっても商品を渡さない。

消費者問題

(相談例)

  • 騙されて投資してしまった。
  • 通信販売で購入した商品が壊れていた。

交通事故

(相談例)

  • 交通事故でけがをしたが、加害者が治療費を払わない。
  • 交通事故でけがをさせてしまった。

刑事

(相談例)

  • 捕まった親族を保釈させたい。
  • 警察から任意出頭するよう求められたが、どのように対応すればよいか。

ホームロイヤー契約(個人)、顧問契約(企業)

紛争を生じさせないためには、事前の予防がなにより大切です。日常的に弁護士に相談することにより、安心して生活/業務をしていただくことができます。ぜひ、継続的な相談体制を備えていただくことをおすすめいたします。

※契約期間は3ヶ月単位で、随時更新。

※事件を受任する場合は、上記報酬基準から割引の上、各報酬をお支払いいただきます。

(1)ホームロイヤー契約(個人の方)

項目 月額1万円
(訪問相談なし)
月額2万円
(訪問相談に特化)
月額3万円
(事務所相談+ 訪問相談)
事務所相談 月2時間 × 月3時間
電話相談
メール相談
訪問相談 × 月1回 月1回
親族/知人の無料相談
優先対応
着手金減額 20% 20% 30%

(2)顧問契約(企業の方)

項目 月額3万円 月額5万円
事務所相談 月2時間 月3時間
電話相談
メール相談
訪問相談 月1回 月2回
社員の無料相談
優先対応
契約書のチェック
簡易な書類作成 年6回 年12回
契約書作成 × 月1通
内容証明文書作成 × 月1通
簡易な交渉 年1回 年3回
社内でのセミナー開催 年1回 年3回
着手金減額 20% 30%
お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
0466-47-7434
0466-47-7434
相談の電話予約受付時間 
平日9:00-21:00
土日祝9:00-19:00
メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォームへ